FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「凛」

西洋式が根付いたこの地方には珍しく和装に身を包む女剣士、凛。
父親はこの地の出身であるが母は日本の生まれという噂。
自分語りを殆どしない。
主に受注する依頼は魔物や害獣駆除であるが極稀に悪人を相手にすることもある。
獲物は日本刀。洗練された剣術を駆使したオードソックスな剣士スタイル。

「―――以上が報告です」
無精髭を生やした紳士風の男は細身の優男の報告を受け口元を緩ませた。
「なかなか順調の様ではないか。我がギルド期待のルーキーは」
「はい」
紳士風の男は恐縮しきりの優男にもう一つ質問をぶつけた。
「一度、任務に帯同したのだろう。その時の率直な実感を聞かせてくれるかな」
「はい。あれは郊外の夜道に出没し若い男を色香で陥れる悪女を倒しに行った時の事です」

まだまだ寒い3月上旬のある日の夜。
悪女が出没するといわれる農道に凛とギルドの職員である優男はやって来ていた。
「寒くないか、リアン殿」
「任務に無理を言って帯同してきたギルドの事務方にお気遣いは無用ですよ。凛さん」
「そうか」
「お心だけ有難く頂戴します」
「不思議な人だな。西洋人らしさをあまり感じない」
「よくいわれます」

他愛のない会話だったが凛の人となりが少しわかった気がした。
「リアン殿、下がって」
「!?」
どこから現れたのか農道の真ん中に一人の女が立っていた。
肉付きの良い身体に褐色と思われる肌はとても快活な色気が或る。
「今度の獲物は粉付きかい。さっさと片つけて精気をたっぷりいただこうかね」
「舐めるな悪女。私は貴様を退治しに来たのだ」
「…ッ、調子に乗ってんじゃないよ!!」

鋭利に伸びた爪を振りかざし興奮した野良猫の様にして凛に飛び掛ってきた。
(速い!これでは一般人なら一瞬にしてあいつの餌食だ!)

しかし、凛はさらに速かった。

獲物を捕らえたはずの爪は宙を切り、視線は見失った獲物を探す。
その隙を見逃す凛ではなかった。

「う」
褐色の健康そうな胸元から日本刀の刀身が生えていた。
「あ、あ…」
今まで何人もの男をたぶらかしてきた巨乳がぷるんと震える。
「あたしより速い奴がいるなんて…きいてない…よ…」
女の眼が光を失い崩れ落ちる。
まさに一瞬、いや刹那の出来事であった。

「速い」
その一言だけである。
今まで何度がギルド冒険者の戦闘を見たことはあるがその中でも圧倒的だった。
だが、それより―――
「終わったよ」
「あ、ああ」
血のりを拭き日本刀を納める。その姿は本当に美しかった。

「以上です」
「ふむ、スピードタイプの剣士か。重量タイプが多い我がギルドには願ってもない。まさに期待の星だな」
「はい」
「ところで」
「?」
「語りの最後、いやに満足げな表情だったのが私は気になるのだがね」
「!?」

ニヤニヤと薄笑いを浮かべるギルドマスターの視線を避けるようにして私は部屋を後にした。

リクエスト短編

相互リンクをしてくださっている いー君のパパさんからリクエストをいただきましたので書いてみました。

-------------------------------------------------------------------------------------


ここ聖・マリアンジュ女子学園は表向きは華やかなお嬢様学校である。
しかし裏では殺人・誘拐等を秘密裏に行う悪の秘密結社だった!
深夜0時…学園に一人の男が潜入を開始した。

「ふぐっ!…あ」
校門前、見張りの首を絞め落としジークハルトは溜息を吐いた。
「仕事とはいえあんまり好い気はしねえな」
しかし彼女達はあどけない顔をして犯罪行為を繰り返している。
こんなことはやめさせないといけない。

「ここか…」
体育館から灯りがもれている。見張りがいる為か堂々と戦闘訓練を行っているようだ。
バン!
大扉を蹴り開ける。少女戦闘員たちの視線が一斉に注がれる。
「フッ!」
一足でレオタード姿で新体操のリボンを持っている娘の懐に入り込む。
ドン!
「ぐっ!ぷぇ…」
彼女の無防備な腹部に鉄拳が突き刺さる。
しばらくは食事もままならないだろう。

「てっ、敵襲ーーーッ」
レオタード少女が倒れて数秒の間があった。
ようやく状況を把握したのか少女たちが戦闘態勢をとる。
涎を垂らし気絶しているレオタード少女のリボンを手に取る。
「薄刃か…えげつないな」

「まずはあたしから行くぜ!」
ラグビーのユニフォームに身を包んだ少女が前にでる。
(どうやら今日は指揮官や指導官の類は居ないようだな)
「わざわざ一対一を選ぶとは…心意気だけは認めてやろう」
リボンを投げ捨て構える。

「でやあああっ」
ヘルメットの中の眼光が鋭く光る。
少女は果敢にも突進攻撃を仕掛けてきた。
「まだまだパワー不足だな」
肩を突き出し同じく突進を仕掛ける。
体育館の中央付近で二人はぶつかり合う。
しかし圧倒的な力の差でラグビー少女は吹っ飛び、体育館の壁にめり込んだ。
「あ、う…」
ヘルメットが衝撃では外れショートカットの可愛らしい少女の顔が姿を現す。
「い、痛いよぉ」
「肋骨が何本かイッてるだろうな。これに懲りたら悪事なんてやめるんだな」

「剣道部所属、河原岬!参る!!」
どうやら次の相手は剣道少女の様だ。
「意外とお茶目な組織なのかもな」
剣道少女は正眼の構えでこちらに鋭い視線を向けている。
「御覚悟!」
こういった組織なので武器は真剣かと思えば木刀であった。
(腕に自信があるのか。はたまた未熟なのか…)
「獲物が木刀でよかったな嬢ちゃん。真剣なら死んでたぜ」
「なっ!」
彼女の袈裟斬りを真剣白羽取りの要領で受け止めると木刀をへし折り切っ先を剣道少女の鳩尾に突き刺した。
「は、ぅん」
剣道少女は白目を剥き気絶した。

「次で最後か」
どうやらまだまだ訓練中の戦闘員だったらしく殆どが逃げてしまっていた。
「なぜ、わざと逃がしたの?貴方の腕なら皆仕留められたはず」
「弱い者いじめは好きじゃなくてね。ま、この惨状をみれば何があったか敵のお偉いさんも気付くだろ」
「私は逃げるわけにはいかないわ」
黒髪に眼鏡を掛けた如何にも委員長タイプといった少女は教鞭を取り出し構える。
「責任感強いんだな。次からはそれを良い方向に使うんだな。委員長」
「私は委員長なんかじゃない!香織っていう立派な…あ」
ジークハルトは香織の手から教鞭を奪い取ると素早く振りかざした。
「ッ…きゃあああああっ」
香織の制服が鞭のしなやかな打撃により剥かれ柔肌が露わになる。
「きゃあっ」
可愛らしい胸がぷるんと震えると香織の顔は真っ赤に染まる。
ジークハルトは恥じらう香織の隙を逃さずボディブローを叩き込んだ。
「う、くぷ…お、覚えてなさいよ…」
そういうと香織はフロアに突っ伏した。

「とりあえずは任務完了か」
ジークハルトは学園を後にした。彼の戦いは続く。
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。