FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

短編2本

「突入」

政府の調査員レナは最新鋭の装備を施し悪の秘密基地へと突入したが、
そこには幹部や首領の姿はなく獲物を待ち構えていたかのように三人の女戦闘員が立っているだけだった。

「飛んで火にいる何とやらね」
お馬鹿そうな戦闘員が鉄球を片手にニヤリと笑う。
「ここで貴女もおしまいですわ」
理知そうな戦闘員がナイフを舌なめずりする。
「さぁかかってきな!」
何も考えていなさそうな戦闘員が拳を突き上げる。

「はぁ…おとなしく投降するなら命だけは助けてやってもいいわよ」
レナは呆れた顔をして戦闘員に忠告をする。

「何言っちゃってるのかな~あたしの鉄球でその綺麗なお顔、ペチャンコにしてあげるわ!」
サッカーのフリーキックの要領で鉄球を力強く蹴る女戦闘員。
レナの顔をめがけて飛んできた鉄球は彼女の眼前で停止した。

「へ?」
呆気にとられている戦闘員が事態を飲み込む前にレナは鉄球を彼女に蹴り返していた。
「ぴぎゃっ」
可愛らしい断末魔とは対照にゴシャっと鈍い音を立てて戦闘員の下腹部に鉄球が直撃した。
「あ、はぁあぁ~」
女の大事な部分を無残に破壊され身悶える。

とん、とん、と鉄球を蹴り上げた足を気にしているとヒヤリと冷たい感触。
「甘いですわ」
理知そうな女戦闘員がいつの間にか後ろに回りこみナイフを首筋に突きつけていた。
「それはこっちの台詞さ」
女戦闘員がナイフを引くよりも早く彼女はその刀をへし折り、切っ先を彼女の眉間に突き刺した。
「え…れ…?」
あまりの早業に女戦闘員は白目を剥き静かに倒れるだけだった。

あまりの事態に突き上げていた拳をおろし呆然と立ち尽くす女戦闘員。
レナがざっ、と一歩を踏み出すとへたり込み失禁しながらわんわんと泣き出してしまった。
泣きながら許しを乞う彼女に殺さないと約束した後、当身を浴びせる。
「う」
当身を喰らい昏倒する彼女の顔は当面の死を免れた安堵からか安らかだった。
「…政府の尋問っていうのは死ぬより辛いって聞くけど…まあ私の知ったことじゃないわね~」

そう呟くとレナは誰もいない基地を後にした。

-----------------------------------------------
「鉄の女」

とある都市の地下格闘場、ここではキャットファイトの興行が組まれている。
俺はしがないカメラマンで今日は取材でリングサイドに陣取っていた。
次のカードは新人の高校生ファイターと「鉄の女」の通り名を持つサキとの戦いなのだが、勝敗が見えているので面白みがないと感じていた。
何故ならばサキはその名の通りグローブとビキニ風のコスチュームに実際に鉄板を仕込んでいるのだから。
何も知らない無名ファイターを自分と下衆な観客の愉しみのためにいたぶるのその様は観ていて反吐が出る。
今夜の試合もそんな予定調和の中で進んでいくのだろうとそう思っていた。
しかしそんな思考は目の前でひっくり返された。

「あっ、がっ!」
モデル並みの美貌を持つサキの顔が醜く腫れあがっていく。
無名の女子高生が圧倒的なパワーとスピードをもってして攻め続けている。
「こっこんなはずじゃ…ぴぎっ」
サキは堪らず両腕で顔を覆った。
(これでボディーに攻撃を仕掛けるしかないわ。あなたのその腕を仕込んだ鉄板でへし折ってやるわ)
女子高生は無言で下腹部に目がけて拳を振りかぶった。

ゴキン

次の瞬間、鈍い音が会場に響いた。
女子高生の拳が砕けた音、ではなく仕込んだ鉄板が砕けた音だった。
「あああああぁぁぁ」
砕けた鉄板の欠片がサキの大事な部分に刺さり、食い込み、悲惨な状況になっていた。
「あっ、あっ、あ」
サキは短く呻くと口から泡を吹きながら倒れた。

そんなサキを冷たい目で見下ろしながら女子高生がリングイン前からも閉ざしていた口を開いた。
地面に向けられた親指。
「天誅っ」
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。