FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アーク Ⅲ(完)

空気が変わった。
大気が揺れ、大地が震える。
眩いばかりの閃光の後、その館は現れた。

館の扉を開けるとそこは書斎だった。
真っ黒な服に身を包んだ女がそこには座っていた。
陽炎。この館の主にして創造者。

「ようこそお嬢さん。用件を聞きましょうか」
表情一つ変えずに陽炎は語りかける。
「兄と、姉を、返してください」
アークはそういうと静かに頭を下げた。

「取り戻してどうするの?」
「旅を続けるだけです。三人で」

お互いに殺気はない。戦うべくもない。
二人の立つステージが違いすぎるのだ。
星や鎌に魅入られた女戦士でさえ、仮面を被った最強の漢でさえ。
目の前の黒服の女には勝てない。勝負にすらならない。

陽炎は質問を続ける。
「貴女、蘇生する以前の記憶が戻ってきているわね」
「…はい」
「それはあの二人が知る貴女だと言い切れるのかしら」
「人は…変わります」
「貴女は人ではないわ。ある陳腐な組織によって創られた魂の入れ物」
「…それでも私は取り戻したい」
陽炎はふうっ、と溜息をつくような仕草を見せる。
そして言った。
「条件があるわ」
「………」
「この館のことを忘れること。記憶の中から消去なさい」
静かに頷く。
「もう一つ、これから私のする質問に嘘偽りなく答えなさい」
もう一度頷く。

「あの二人は貴女にとって何なのかしら。或る時は刺客を倒し、或る時は私のお願いを引き受けてくれたわね」
そこまでして―――
「なぜ貴女は二人を求めるのかしら」
アークは淀みなく答えた。

「家族だから。解放してあげたい。この館から。二人が持つ罪から」
「人は、変わるわ。入れ物の貴方と違ってね。それでも貴女は求めるの?」
アークは頷いた。これまでで一番強く。

閃光。
目を覚ますとそこは草原だった。
あの出会いの草原。
アークの目の前には望んでいたものが在った。

三人は並んで歩きだした。
平凡で、困難で、そして幸せな旅を続けるだろう。
命尽きるまで。

陽炎はそんな三人を見送りながら呟く。

「戦いも無く、死も無い、まるで今までの自分を否定している様。そんな物語で何を伝えたかったのかしらね。あの娘の言葉を借りるなら―――」

全く 期待外れもいいところだわ これも作者の趣味かしら―――

アーク 完

アーク Ⅱ

(悪趣味とラクシュミって似ているわね)
そんなことを考えながら街道を歩いていると目の前に凛とした女性が現れた。
袴姿がよく似合う。黒髪の女剣士だった。
「私に勝てたら館へと案内しよう」
彼女は挨拶も抜きにそう切り出した。
くノ一の次は和装女剣士か。
作者の趣味だろうか。いい趣味してるわね。
「館に案内は無理でしょう、決着がつくころには貴女は死んでいるわ。だからそうね…館が私の前に現れる。そういう解釈でいいかしら」
「そう取ってもらって構わない。ただ」
彼女は静かに刀を抜く。
「私をそう簡単に倒せると思わないことだ」
「ふうん、名前を聞いておいた方がよさそうね」
「私の名は凛という」
「よかったわね。良い名前じゃない。名前は大事よ」
言うと同時、凛の姿がアークの眼前に現れる。
鋭い斬撃がアークの急所を的確に狙う。
キン、キン
アークはナイフ一本で斬撃を捌く、というよりは受け流している。
(凛が狙うのは急所のみ。それはとても読みやすく、見切りやすい)
それでも細身のナイフ一本で凛の斬撃を受けきるには限界がある。
しかし斬撃の合間をぬっての攻撃は不可能だ。
的確に、隙も無く、急所を狙ってくる。
それならば。
ザシュッ
鋭い音ともに鮮血が舞い散る。
アークは自らの左腕を盾にして斬撃を止めた。
隙が無いなら作る。
戦闘においてのセオリーだがそれを実行できるものは少ない。
例外的に相手に隙が無くても、規格外の力で対象ごと破壊してしまう星使いの女を彼女は知っているがそれはまた別のお話。
その斬撃はアークの腕を斬り落とすまでには至らず、凛はその刀身を引き抜く。
決着だった。
その隙をアークが逃すはずもなく、斬撃一閃。
凛は額を切り裂かれその場に倒れた。
もうじき凛の命は尽きる。仮初の命だが命には変わりない。
「お見事…」
そう言って凛は瞳を閉じた。
「貴女こそお見事だったわ。それに貴女にも名前がある。名前は大事よ」
血溜まりの中に伏せながらもなお美しい女剣士にアークは言った。
「作者の趣味だもの。気が向いたら再登場、できるかもしれないわよ」

アーク Ⅰ

私の名はアーク。
死神の遺伝子を持ち、ある目的の為に旅を続けている。
旅といっても戦いがいつも傍にあり、落ち着くことはない旅だ。
今もそう。
私は今、とても古風で狡猾な戦闘集団、忍者に追われている。

森の中、とある地点を目指して私は駆ける。
背後からは黒い影が木と木の間を跳ぶようにして私を追っている。
駆けた方が速いと思うのだがそこは忍者のアイデンティティみたいなものだろうか。
そんなことを考えながら駆けていると木々に遮られていた視界が開けた。
目的の場所についたのだ。
場所と呼べるほど立派なところではないけれど。

作為的に木の植えられていない、年季の入った切り株がベンチ代わりに点在している一種の休憩所みたいな場所だ。
私はその場所の中央ともいえる地点に立つ。
あっという間に忍者たちに囲まれる。
ああ、忍者というより「彼女」達には専用の呼び名があったのだった。
今回の私の敵は「くノ一」だ。

「観念したわけではなさそうだな」
私を取り囲む一人だけ装束の違うくノ一が問いかける。
「ここが都合がいいからよ。貴方達を殲滅するには」
私が言うと同時にポニーテールのくノ一が私に攻撃を仕掛けてきた。
猪突猛進ともいえる策の見えない特攻。
私はナイフで彼女の眉間を切り裂いた。
「がっ」
倒れゆく彼女は少し微笑った様に見えた。
彼女の影に隠れるようにしていたくノ一が跳躍し私を狙う。
自らの死をもコンビネーションに組み込み相手の隙を狙う。
見上げた精神だ。でもそれは。
「所詮雑魚の精神ね」
地の文にミスがあった。
私に隙など、ない。
ポニーテールのくノ一を切り裂いたそのナイフで影に潜んでいたくノ一の喉を切り裂く。
「ぁ」
そのまま反転。私の背後にあと数メートルと近づいていたくノ一に致命傷を与える。
「ひぁっ」
「ぎゃっ」
まだあどけない顔をしていた、十代前半といったところか。
作者の趣味だろうか、悪趣味ね。
ナイフ一本で状況を文字通り切り開いていく。

気付けば私とくノ一のリーダーが対峙する形になった。
「…私はお前を甘く見ていたようだ」
「それも雑魚の台詞ね。―――まだ喋れる力が残ってるなんて驚きだけど」
「…自分の置かれている状況くらい理解できるさ。これでも一応、長なのでな」
「気力だけでここまでお喋りできるなんてね。雑魚というのは取り消してあげるわ」
「ふ、館を見つけてどうするつもりだ」
「館に囚われている魂の開放よ。大切な家族がいるの」
「それは報告で聞いている」
「それじゃもう一つ。魂の開放というのは―――貴女達も含まれているのよ」
「それは…少し驚いたな」
「あとは貴方達の主、いえ悪趣味な拘束主をブン殴ってやることかしら。私の武器はナイフだけれど」
「そうか―――どうやらもう気力の限界のようだ。お言葉に甘えて、眠らせてもらおう」
そういうとくノ一のリーダーは前のめりに倒れた。

彼女は死んだ―――否、もうすでに死んでいた。
あの不気味な館。黒冥館の力により生き返らせられた、戦う人形。
「全く、悪趣味ね。これも作者の趣味かしら」

そう呟いてアークは戦場を後にした。

鞭と薬と新たな絆

ボンッ
草原にキャンプを張る二人の冒険者のテントから紫色の煙が上がる。
「げほげほっ…ちょっと!お兄様!!」
ツインテールの少女がテントから煙たそうに這い出てきた。
「ごめんよシェラ~」
まだ煙の立ちこめるテントの中から情けない男の声が響く。
薬剤師のファラと鞭使いのシェラ。
二人の旅は続いていた。

「もう怪しげな研究はやめてくださいね」
ドボドボと音をたてながら草むらに怪しげな色の液体が捨てられる。
「ああ~まだ研究途中なのに~」
「まったく蘇生薬なんて夢物語ですのに…」
どうやらファラは生命蘇生の研究をしているようだ。
無造作に捨てられていく失敗作と思われる薬品。
シェラが最後の一瓶を草むらに廃棄する。

…と、薬品が捨てられた場所が青白い光を放ち始めた。
「え…一体何事ですの…!?」
「シェラ!離れて!」
ファラがシェラを光源から引き離す。
一瞬の閃光ののち草むらにあらわれたのは…

一人の少女だった。

「一体…何が」
呆気にとられているシェラの横でファラは肩をブルブルと震わせる。
「人命蘇生…こんなことが…」
「…お兄様、どういうことですの?」
「ここには死体もなければ墓もない。だけどシェラ、君が薬品を捨てた場所でもし誰か人が亡くなっていたとしたら…」
「そんな…」
シェラは信じられないといった表情を浮かべるが目の前の事象に説明が付くとしたらそれしかない。
「あ…」
「!?」
少女が口を開く。
視線は虚ろで若干ふらついている。
二人はそれを固唾を飲んで見守る。
「お腹…すいた…」
二人は顔を見合わせる。
向かい合って微笑んだ二人は少女をテントへと迎え入れた。

「これで何とか格好はつきますわね」
「街に着いたらきちんとした服を揃えてあげるからね」
「ありがとう…あの…これ…」
少女は目の前にある食事に熱い視線を注いでいる
「どうぞ、召し上がれ」
ファラが有り合わせの素材で作った服を纏った少女は目の前の食事に夢中になっている。
少女は年相応の知識は備えてはいるものの生前の記憶は失われていた。
当の本人は記憶喪失と思い込んでいる様だ。
二人は少女に聞こえないように会話を進める。
(手がかりになりそうなのは全裸の彼女が唯一身につけていたドックタグか…)(……NE…B…D…L…?擦れてますわね。上手く読めませんわ…あら?)
擦れて解読不能な面を裏返すと大きく三文字のアルファベットが刻まれていた。
(A…r…k……アーク…)
(恐らくそれが彼女の名前だろうね)
「お兄さん…お姉さん…」
少女は食事を終え、二人に問いかけた。
「私の事、何かご存じなんですか?」
「…あ、えと…」
言い淀むファラの言葉を遮り、シェラは言葉を紡ぎ始めた。
「アーク、貴女の名前はアークよ。血は繋がってはいないけど私や隣のファラ兄さんと家族同然の存在…貴女は私達と旅をしていたの」
「…そうなんですか?」
視線を向けられたファラも言葉を続ける。
「ああ、そうさ。だから何も気にせず僕らを頼ると言い」
アークはその言葉を聞き少し笑みを見せた。
「何も覚えていないけれど…改めてよろしく……」
アークは軽く息を吸い込む。
「……兄さん、姉さん」
その言葉を聞きシェラとファラは微笑みで彼女を迎えた。
死者蘇生の責任感か、それとも無垢な彼女に情が移ったのか…ともあれ三人の新たな旅は始まりを迎えた。

「いい朝ね、アーク」
「おはよう、姉さん」
「二人とも朝食が出来たよ~」
簡易テントを畳み、草原で朝食を迎える。
談笑する三人の前に黒衣を纏った戦闘員らしき集団が姿を現した。
軽微な武装をしている、全員が女性の様だ。
「旅人よ」
黒衣の隊長格の女が三人に語り掛ける。
「なんでしょう?」
ファラが物腰柔らかく応対する。
「ここは今より我々が調査を開始する予定だ。朝食が済み次第立ち去りなさい」
「わかりました」
二人のやり取りは簡単に終わり、あとは朝食を済ませ速やかに此処を発てば何も問題は起こらない…はずであった。

「隊長…」
黒衣の戦闘員の一人が隊長格である女に耳打ちをする。
「何…それは本当か…」
「…はい、確かに欠片の反応が…あの娘から」
隊長格の女は一段と厳しい顔つきになる。
「あ、すいません、あと少し待って頂けますか」
ファラの言葉など聞こえていないかの様に隊長格の女はアークを指差し言葉を発した。

「その娘をこちらに渡してもらおうか」

女の言葉に対しファラは冷静に聞き返す。
「おっしゃっている意味がわかりかねますが…」
「死にたくなければ娘を渡せ。次は無いぞ」
「逃げろ、シェラ!アーク!!」
ファラは胸元に常備している試験管を地面に叩きつけた。
辺りが白煙に染まる。
「煙幕か!」
「追え、逃がすな!」
黒衣の戦闘員が慌てて三人を追いはじめる中、隊長格の女は呟いた。
「アーク…やはり……何名かは伝令に回れ、本部にこの事を伝えよ」
影が蜃気楼の如く揺れた。

「はっ、はっ、何なんだ!一体!」
「知りませんわよ!」
「ハァ、ハァ…」
シェラがアークの手を引き全力で駆ける。
(!…もう少しスピードを緩めないとアークに負担が…?)
「…え?」
「ハッ、ハァッ…」
アークは息は荒いもののシェラ任せにはならずしっかりと自分の足でついてきていあ…いや、それどころか。
(速度を緩めたら私が引っ張られそう…!)

ザッ
不意に目の前に黒衣の女戦闘員が現われた。
追撃隊とは別の隊である。
異変を察知し駆け付けたのだろう。
「くっ」
シェラは鞭を前方に向けしならせた。
「きゃ!」
「うぐっ…」
女戦闘員はそれぞれ頬と胸を強く打ち倒れこむ。
女戦闘員が持っていたナイフが宙を舞う。
「逃がさんぞ」
ナイフが地面に刺さると同時に女の声が響く
気が付けば周りは囲まれていた。
「くっ」
「……万事休すだね」
主な装備や薬品を草原に残したままの二人に勝ち目はなかった。
「無駄な抵抗を。余計なことをしなければ死なずに済んだものを」
隊長格の女が静かに剣を天にかざす。

―――このままじゃ殺されちゃう!
『誰が?』
―――兄さんと姉さん 記憶は無くしたけれど、優しくて大事な人
『どうして?』
―――わからない!悪い人が突然現われて…
『殺せばいいじゃない』
―――…誰を?
『悪い人』
―――…誰が?
『あなたが』
―――……………
『知っているはずよ』
―――…………
『覚えているはずよ』
―――………
『ヒトの』
―――……
『コロシカタ』
―――!

カキィン!
地面に突き刺さっていたナイフが宙を舞いアークの右手に握られる。
次の瞬間。
ファラとシェラを中心に鮮血を纏った竜巻が吹き荒れた。
ある戦闘員は縦に両断され、ある戦闘員は腰から切り離された。
手足が、首が宙を舞う。
豊満な胸を貫かれる者もいた、他人が触れたことのない秘部を貫かれる者もいた。
嵐が止んだとき二人が見たもの…それはまさしく屍の山だった。

山の中心にアークが立っていた。
ナイフがアークの右手から離れる。
その身体は大きく左右に揺れ、そのまま屍の中に倒れこもうとする。
「…っと」
シェラが滑り込みアークを抱き抱える。
「…アーク!」
その身体は鮮血に染まっている。
「アーク…」
ファラが心配そうにアークの顔を覗き込む。
「兄さん、姉さん…よかった…無事で…」
アークは静かに目を閉じる。
「アーク!」
「………大丈夫、眠っているだけのようだ」
「よかった…街へいそぎましょう」
シェラは胸を撫で下ろした。

アークを背負い近場の街へと急ぐ。
「彼女は…一体」
「アークはアークですわよ。でもこれが何かの手がかりになりそうですわね」
シェラの手には二つのドックタグが握られている。
一つはアークのもの、もう一つは黒衣の戦闘員の隊長が持っていたものだ。
ドックタグにはコードネームと組織の名前が彫られていた。組織の名は―――
「ヘルバットレディか…やっかいなのと関わっちゃったな」
「アークは…妹は守りぬいてみせますわ」
「うん…そうだね」

草原を抜けると街が見える。
街の教会から正午を告げる鐘の音が聞こえてきた。
耳に届く鐘の音は三人を優しく包む福音となるのだろうか?

旅はまだ始まったばかりだ。




鞭と薬

とある辺境のギルドに二人の傭兵がいた。
二人は兄妹であった。
兄は人を救うため、妹の手助けをするために薬師となり、
姉は生きるため、兄の盾となるために鞭を手に取った。

「ギルドに楯突く女性武装部隊の討伐…報酬が良いとはいえ少し骨が折れそうですわね」
「心配ないよシェラ、この任務用に秘薬を作ってきてるんだ。」
「まあ!さすがですわお兄様!………!地図が正しければもうすぐ敵のアジトですわよ」
「あ、小さな小屋がみえるよ!あそこかな?」
「扉の前に見張りが一人…お兄様、薬を」
森の奥にある小屋に向かう。
茂みに身を隠しながら進む。

「薬術、高速薬」
兄から受け取った薬を妹が迷わず飲みほすと目にも映らぬスピードで見張りの背後を取り鞭で首を絞める。
「!…ぇ?なっ!…だ、れ?かはっ、た、助け…」
襲撃を伝える間もなく見張りは生き絶えた。
扉の奥では四人のレジスタンス隊員が談笑している。
「シェラ、ここは任せて」
ファラが瓶詰めの薬を取り出し大きめの試験管に移すとそれを扉の隙間から小屋の中に投げ入れた。
カシャン
部屋のなかに無色の気体が充満する。
「あっ!」
女兵士の一人サナが腰をびくっと浮かせる。
「んふぅ…なんだ…これは…?」
黒髪の清純そうな兵士ミナはおもむろに秘部に指をあて弄りはじめる。
「あ、あ、胸が、ぁあ」
豊満な身体が自慢のランジェリーはその巨乳を揉みしだきながらお尻を突き出す様にして床に這いつくばる。
「ひあぁん、気持ちいい~」
可愛らしいツインテールが魅力的でやや幼い顔立ちのユイは剣の鞘に股間を擦りつけ恍惚の表情を浮かべた。

シュッ…
淫行に浸る女兵士たちから討伐の証拠品を掠め取った後、小屋に火を点ける。

「薬術、淫乱薬…せめて快楽の中でその人生を終えてくださいね」
燃えあがる小屋を背に呟くファラ。
「すごい効き目ですわね」
少し頬を染めながらシェラがまだ薬が少し残っている瓶を見つめる。
ファラはそんなシェラをみて「なんなら今夜試してみるかい?」と勧める。
シェラの顔が一瞬にして真っ赤になった。
「何をいってるんですの!破廉恥なお兄様は嫌いです!」
「まってよシェラ~」
すっかり赤面し、早足で歩くシェラを笑顔で追い掛ける。
そんなファラの笑顔を横目で見ながら「悪くないかも」と思ってしまうシェラなのであった。

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。